ファクタリング会社の3つの種類、特徴を比較すると

世の中にはたくさんのファクタリング会社が存在しますが、その中から自社にもっとも適した会社を選ぶには、種類を知り比較してみることが必要でしょう。ファクタリング会社は大きく分けると「銀行系」「ノンバンク系」「独立系」の3種類に分類することが出来ますので、それぞれの特徴を比較しながら見ていきたいと思います。まず「銀行系」と言われるものですが、ここは銀行あるいはそのグループ企業がファクタリング事業をおこなっているものです。メリットは、母体が大手バンクであるため安心感があるのと、手数料が安い点です。

その反面、審査は厳しめであるのと、入金までは時間がかかるといった傾向があります。次に、「ノンバンク系」と呼ばれるファクタリング会社があり、クレジットカード会社や消費者金融などがこの中に分類されます。預金や決済業務をおこなわない、金融機関だと考えれば良いでしょう。特徴は、幅広い債務に対応していることであり、売掛債権だけでなく介護・薬剤報酬などでも利用できる会社が多いです。

手数料は会社により差がありますが、3社間契約でのファクタリングを利用すれば比較的安い費用で利用することも出来ます。そして最後の「独立系」ですが、ここは銀行などのグループ内に属さず、ファクタリングを専門におこなう会社になります。企業規模は小さいところが多いですが、柔軟な対応力があるというメリットを持っています。特に、入金までの期間に関しては銀行系と比較して素早く、中小企業などで資金調達を素早くしたいといったケースには最も適していると言えるでしょう。

ただし、他の2種類と比較すると、手数料が高めな点は念頭に置いておきたいところです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です