ファクタリング会社はどう選ぶ?比較のポイントとは

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、そこから手数料などを支払ったうえで代金が支払われる売買契約となります。一般的な融資ではなく担保も必要ありませんが、その分売掛先の信用力が大事になってきます。ファクタリングは、大手ではない中小企業なども審査に通りやすく、早ければ即日に入金されることがあるのも特徴です。金融機関からの融資となればある程度の金額でなければ融資を受けられないことも多いのですが、ファクタリング会社の場合数十万など少額も可能です。

2社間と3社間の形態があり、2社間は依頼する側とファクタリング会社だけで取引するため、取引先への譲渡通知や承諾を得る必要がありません。一方3社間になると取引先への譲渡通知や承諾が必須となるため、取引先に経営状況を知られてしまうことになります。オンライン上で手続きの完結が可能で資金をスピード調達できるタイプや、買取金額の上限を設けていないため大規模な資金調達ができるタイプ、やり方がよくわからなかったり色々と相談しながら進めたいなら対面型タイプもあるので、どのタイプが自社に適しているのかを比較して決めることが大切です。ファクタリング会社を比較するポイントは、まず手数料です。

金融機関からの融資とは違い金利がないとはいえ、買い取り額に応じた手数料がかかるため、申し込み前にしっかりチェックしておきましょう。1社だけでは適正な手数料がわからないため、数社に見積もりを依頼すると安心です。ファクタリングでは急に資金を必要としていることが多いため、審査や入金までのスピードも比較のポイントとなります。また買取の上限や下限を設けているところがあるので、自社がどれくらいの資金を調達する必要があるのかも考えたうえでファクタリング会社を決定するようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です