複数のファクタリング会社を比較することが大切です

ファクタリング会社によってサービスや手数料に違いがあるので、比較検討して自社に合ったものを選ぶ必要があります。売掛債権を売却して入金期日前に現金化する方法には、2社間取引と3社間取引が存在します。2社間取引はファクタリング会社と利用者だけで行われます。この方法だと自社の財務状況を取引先に知られる心配がなく、手続きもスムーズに進むため即日現金化も可能です。

ただし3社間取引と比較してリスクが大きいので、手数料は売掛債権額の6%から40%と高く設定されています。ファクタリング会社は譲渡された売掛債権を回収しなければなりません。2社間取引では一旦利用者が支払いを受けてからさらに入金します。3社間取引では売掛先へ通知して承諾をもらう必要があるため、2社間取引と比較して時間がかかります。

この方法だと売掛先からファクタリング会社へ直接的に売掛金が支払われます。2社間取引では利用者が倒産して売掛金が支払われない可能性がありますが、3社間取引では回収不能となるリスクが小さくなります。2社間取引と3社間取引の手数料の相場を比較すると、前者は売掛債権額の6%から40%ほどで後者は1%から5%ほどです。リスクが小さい3社間取引の方がコストを抑えて経営資金を調達できます。

現金化までには1週間ほどかかりますが、銀行など金融機関からの融資と比較すると遥かに早く資金調達が可能です。売掛債権を売却して資金調達を行いたいのであれば、複数のファクタリング会社を比べて条件が最もよい会社を選ぶとよいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です