安全なファクタリング会社の比較方法、会社所在地編

新型コロナウィルスが流行する前はファクタリングの契約は対面で行われるのが一般的でしたが、最近では対面ではなく、ネットだけで完結できるような業者も増えてきました。ネット完結するメリットは何といっても手間がかからないことや振り込みまでのスピードが早いことですが、中には非対面なのをいいことに悪質な業者も存在していますので、契約するときは注意しなくてはなりません。ファクタリング会社を比較するときに、悪質かどうかを確認する手段の1つとして、会社所在地があります。ファクタリング会社のホームページに会社所在地が書かれていない場合は話になりませんが、書かれていたとしてもレンタルオフィスの可能性もあるので、必ず地図で調べ、会社が存在しているか確認するようにしましょう。

ファクタリングは貸金業と違って金融庁の免許を取得せずに営業できる業務形態です。そのため貸金業と比較しても業者が参入しやすく、また法的な規制も整っていないため、悪質な業者が入りやすいです。しかし注意点さえ押さえてファクタリング会社を比較すれば、安全に売掛債権を売却するので、契約するときは慎重になるようにしましょう。もし悪徳業者に当たってしまった場合、提出している免許証や住民票のコピーなどを悪用されたり、リスト化されて流出する可能性もあります。

そうならないためにも、住所と合わせて個人情報の取り扱いに安心が持てるプライバシーマークの取得があるかも確認しておくと良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です