ファクタリング会社を比較するポイントとは

ファクタリング会社を比較する場合には、まず各社の資金調達にかかる時間を調べる必要があります。実際に売掛債権が現金化されるまでの期間は最短翌日や最短即日など会社によって様々です。各社を比較して経営資金が必要になる日までに間に合う会社を選ぶとよいでしょう。ファクタリング会社によって手数料にも違いがあるので、なるべく費用を抑えたいのならば複数社から見積りを取り比較することも大切です。

手数料の他にも手続きに必要となる書類や準備しなければならないもの、諸費用などを調べて比較検討するとよいでしょう。ファクタリングは金融機関からの融資のような金銭消費貸借契約ではなく、売掛債権の売買契約です。法整備が行われていないため問題のある会社も数多く存在します。信頼できる会社を選ぶ上で手数料は重要な比較ポイントです。

2社間取引では売掛債権額の6%から40%、3社間取引では1%から5%が一般的な相場とされています。ファクタリングは明確な法規制がないため、中には50%もの手数料を請求する会社もあるので注意してください。優良なファクタリング会社では手数料に諸費用が含まれているのが通常です。手数料以外の諸費用には着手金や審査手数料、登記手数料などがあります。

手数料が安くても高額な諸費用を別途で請求されるケースも存在します。優良なファクタリング会社では担保や保証人を求められたり、消費税を請求されることはありません。また法人用の口座が用意されていて担当者の対応も丁寧です。安心してファクタリングを行いたいのであれば、各社の特徴を比べて慎重に信頼性を判断するとよいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です